港北区商店街連合会
シンボルマークについて

シンボルマークに全国から沢山の作品が寄せられました。

2001年10月23日、港北区役所の会議室において最終選定委員会が開催され、最優秀作品が決定されました。

応募総数は145点。内訳は県外15点、県内34点、港北区内からは96点です。たくさんのご応募ありがとうございました。

審査委員長 日本報道写真連盟本部理事・大須賀氏ご挨拶
最終選考に残った優秀作品 選考風景

厳正な審査の結果 シンボルマークが決定しました。

最優秀賞 1点  横浜市港北区 長野太郎様 






創作コンセプト
人々が集う商店街。
人々が交流する商店街。
人々が情報を発信する商店街。

そんな商店街の主役である“人”と
港北の頭文字“K”がモチーフ

活気があって、
人々とともに歩んでいく。
そんな商店街をイメージして、
ポップで躍動感のある、
親しみやすくちょっとユーモラスな
デザインにしました。


佳作 10点 順不同
福岡市 濱常冶様 広島市 堀江豊様 盛岡市 柏木勇三様
山形市 松岡英男様
南区 渡邊妙子様

港北区 斎藤竜一様
静岡市 杉山浩様
港北区 田中照美様
港北区 米原はるえ様
港北区 山村早苗様

特別賞 2点
こちらはこどもの作品の中から選ばせていただきました。
港北区 臼井知美さん 港北区 北村紗子さん

copyright(c)2002 KouhokuSyotengaiRengokai. All Rights Reserved.